こんにちは

革研究所 世田谷店です。

 

PIERRE HARRY エナメル パンプスのご紹介です。

ヒールをぶつけて革がめくれてしまい目立つので

修理してほしいとのご依頼です。

【 Before 】

【 Before 】

【 After 】

【 Before 】

【 After 】

【 Before 】

【 After 】

【 Before 】

【 After 】

 

エナメルの靴やパンプスで多いのがつま先やヒールの剥がれやめくれです。

ヒールの場合修理の方法として

・新たに革を巻き替える

・めくれた箇所の部分補修

となります。

今回は部分的にめくれた箇所を樹脂で形を整え

染め直し・エナメル施工をしています。

 

部分補修の場合色合わせをしますが多少色の差異がでます。

そのため傷んでいない左側も同じように染め直しをして

左右の色調を合わせます。

形を整え段差が出ないように修理して色を合わせました。

傷んだ箇所もほぼ目立たなくでききれいに仕上げることができました。

 

つま先の場合

革の交換はできませんので同じように樹脂での補修となります。

【 Before 】


 

 

 

 

 

【 After 】

 

 

 

 

 

 

 

レザーの修理 補修 染め直しなど革のことならお気軽に

【革研究所】世田谷店にお問合わせください。

土曜日 日曜日も営業いたしております。

 

東京都世田谷区新町2-17-9

TEL:03-6426-8548

info-setagaya@kawa-kenkyujyo.net

定休日:火曜日

営業時間 10時~18時

(納品等で不在の場合がありますので事前にご連絡いただけますようお願いいたします。)